絵画

どこまでも夢を追おう

津田 陽登
金光八尾高等学校

一人の人間が星から星へ登ろうとしている作品です。 今回テーマの『自由』をどこにでも行ける、何でも出来るという意味で捉え、宇宙のどこにでも行けるということを表現しました。また、違う惑星に行くことは人間の永遠の夢です。惑星を目指す。つまり夢を目指す。自由ならどんな夢でも目指せる。夢に向かってみんなで進んでいこうという意味を込めました。

SEIKA AWARD