写真

自由な解釈~雪の星々~

及川 真琴
宮城県仙台第一高等学校

これは雪が降り積もる瞬間を撮った一枚である。 題名の「自由な解釈」というのは、この写真についてただ雪が降り積もっている瞬間だというわけではなく、様々な解釈ができるということだ。 この写真から私は冬の星空を連想した。写真上部の雪が星座のカシオペア。また、奥に映る外灯と反射している光、写真下部のフラッシュが反射した地面の3つの光が冬の大三角形。更に、光と影により奥行きを持つ雪達が、そのまま無限の奥行きを持っている宇宙空間を表している。 写真がそのまま1つのことを表していてはつまらないと思う。だから私は見た人が様々な解釈ができる写真にを撮影してみた。

SEIKA AWARD