写真

買物

坂﨑 遼太郎
駒場東邦高等学校

私はもともと落語を聞くのが趣味だったのだが、落語というのは主に東京の中でも深川などの下町を題材としたものが多く、そこの住人であった大工や貧乏御家人の生き様を落語を通して聞くことで彼らのような「粋」な生き方を写真に写したいと思って撮ったのがこの写真である。この写真はそんな活気があるコミュニティの中で強く生きる下町の人を写した写真である。

SEIKA AWARD