SEIKA AWARD 2024

SEIKA AWARD 2024

奨励賞

マンガ部門[ストーリーマンガ]

余響

児玉 菜摘(岐阜県立大垣西高等学校)

私は戦争の悲惨さや残酷さを継承し、争いの連鎖を断ち切ることの大切さを伝えたいと思い、この作品を制作しました。はじめは、他の漫画作品の影響を受けストーリーを考えましたが、学校行事の修学旅行で沖縄へ行った際、沖縄地上戦のお話や写真から本物の戦争は自分が思うよりもずっと残酷だと知り、台詞や表情の修正を行いました。戦争はくだらないと口にするのは簡単ですが、それだけでは今も続いている戦争はなくなりませんし、戦争の恐ろしさを後世に伝えることが出来ず、何度も争いを繰り返すことになります。過去の戦争も今の戦争も次の世代へ継承し、残し続けることが今を生きる私たちの義務だということを子供ながらに伝えたいと思い、一生懸命制作しました。

作品を開く