テーマ
「自由」

絵画

六階特別教室にて

松岡 那委
神奈川県立生田東高等学校

この作品のテーマは、「空間の描写」です。この作品は、人物と静物、そして、それらが存在する教室によって構成されています。
人物を描くときに、今まではその人物を美しく見せるために構図を考えてきました。しかし、この作品には、まるで空間が人物を飲み込んでいくかようなエネルギーを感じ、その空間をとことん描き詰めてやろうと考えたに至ります。人物の顔の細部を鑑賞すると、強い下塗りの上に薄く絵の具を重ねていったのが分かると思います。この描き方では、制作途中に人物の表情を大きく変えられません。表情には苦労しました。けれども、この描き方を選んで良かったと思います。人物の表情に納得せず、途中で大きく描き変えてしまうことは、その表情のみに価値があると信じているように思えるからです。真に描きたいのならば、人物を作品の材料とするのではなく、その人を作品に登場させるような描き方が必要だと、この作品の制作で確信しました。

SEIKA AWARD