テーマ
「自由」

アニメーション

マジック

杉山 未羽
静岡大成高等学校

まず、ループするアニメーションにするためにどう場面を切り替えたらいいか考えた結果、鳥が前を通るようにすることにしました。次に鳥が通って自然になるようなシチュエーションを考え、女の子がマジックをして帽子から鳥を出すことが思いつきました。そうしてこの作品が出来ました。花や雲などの背景も動かして何度も見れるアニメーションになるよう頑張りました。

クラス名:美術Ⅰ
課題名:アニメーションBOX

最近では動画イコール、パソコンを使用する時代である。だからこそ、あえてパソコンではなく手描き、手作りする教材で動きを学習させた。また、10コマの中で、10枚目と1枚目が繋がる、砂浜から見た波のように動き続けるストーリーを考えるよう指示をした。さらに組立取扱説明書を、立体的に見て組み立てる力、将来柔軟な考え方や対応ができるよう空間認知能力を身につけさせることも狙いの一つであり、さらに今回この課題を通してアニメーションのストーリーを考え動きを理解し、コマの数で速さや距離を調整できることなどにも気付かせたいと思い課題を設定した。

SEIKA AWARD