テーマ
「自由」

絵画

矛盾がうまれる絶対条件

塚本 麻寛
大阪府立北摂つばさ高等学校

高校を卒業後は北摂つばさ高校の美術室に出入りすることもほぼなくなると思い、お世話になった美術室を描きました。
美術室があるからこそ作品制作ができたのはもちろんですが、人間関係や礼儀などをより深く知ることができた場所でもあります。私が美術部に所属したり、ご指導いただける先生方がいてくださったり、作品制作ができ、周りの人の制作作業見て刺激をもらったり、人との交流を増やすことができたのは美術室があるからです。
題名の「矛盾がうまれる」という部分は、美術室にいると自分にとって嬉しいことや楽しいこと、逆に、嫉妬したり、体調や精神面でしんどくなるような辛いことや悲しくなるようなことがたくさんあったためです。「美術室に行きたい。でも行きたくない…!」と思うような場所はここしかありません。「絶対条件」という部分は、「自分が成長できた場所」という意味です。私はこの教室があるおかげで成長できたのだと思います。

SEIKA AWARD