テーマ
「自由」

建築

おぎないの家

佐藤 優多
静岡県立浜松工業高等学校

一人で暮らすことの不安と不足。それを満たすために緑に包まれ、緑に包む建築を考えた。中心にはカエデが植えられている。このシンボルツリーが一人暮らしのよりどころとなり、心を満たす。カエデを包む住まいは、孤立していながらもデッキによって柔らかくつながる。デッキは多様なふるまいを許容し、個の暮らしを補う。そしてここの家は気持ちのいい空間になる。

SEIKA AWARD